灯台下明し。「 灯台下暗し 」 逆転思考  の必要性 18.06.25
ネットビジネスオーナー限定・共有ページ )

灯台もと暗し逆転思考の必要性

 

 

 

なぜ、身近な人ほど耳を塞( ふさ )ぐのか?

 

 

 

なぜ、身内ほど真剣に耳を貸そうとしないのか?

 

 

 

父親が私に言った言葉。 それは、

 

 

 

おまえの仕事がそこまで自信があるのなら

 

 

 

「 お金 」 を 先に見せて みろ、

 

 

 

そしたら

 

 

 

「 お前 」 の 話に耳を 貸そう。

 

 

 

父親が私を 信頼している ことはよく解っています。
この言葉が父親から出てくるのは仕方のないことだと理解できているのですが ・・・・・

 

 

 

お金 > お前 ( お金が目的

 

お金を「 先に 」いただけるのなら仕事をします。

 

お前が「 お金を儲けたら 」仕事の話を聞いてあげよう。

 

 

 

お前 > お金 ( 仕事が目的

 

仕事をした「 結果 」としてお金を手に入れる。

 

お金は仕事をした「 結果 」として手に入れることができる。

 

 

 

目に見えるもの( お金 )だけが全てではない

 

 

 

なぜ、身近な人ほど耳を塞ぐのか?

 

なぜ、身内ほど真剣に耳を貸そうとしないのか?

 

 

 

私が仕事をした「 結果 」お金を受け取ることができても、
あなたが仕事をしなければお金を受け取ることはできない。

 

 

 

良い「 結果 」に感謝し、ありがたく受け取る

 

 

 

 私たち、ネットビジネスオーナーの理念

 

 

 

灯台下明し

 

⇒ ⇒ ⇒ あなたの潜在意識を「 」開花させよ!

 

 

デジタル・ネットワーク社会と著作権

著作権(ちょさくけん)・コピーライト(英語: copyright)

著作権法 第10条1項、第2条1項1号
「 思想 又は、感情を創作的に表現したものであつて、
文芸、学術、美術 又は、音楽の範囲に属するもの 」は
著作物として定義されています。




すべての文章・コピー・複製・リライト・転載・音声公開等を一切禁止します。
このページは「 2018 © ネットビジネスオーナーズクラブ 」のオリジナルコンテンツです。